フリーランスは40代からでもいける?3つの課題と選択肢を分析

フリーランスは40代からでもいける?3つの課題と選択肢を分析
Pocket
LINEで送る

フリーランスは40代からでもいけるのか?という疑問に答えます。

巷で40代のサラリーマンから良く聞く話「会社を辞めたい」「やりたくない仕事をずっとやり続けなければならないのか」「人間関係が面倒」「上司は選べない」など……。しかし、現実には20代、30代の時とは違ってなかなか転職は厳しい。万が一滑り込めたとしても良い条件で雇ってもらえる確信もない。しかも、子供の教育費や家のローンなど抱える問題がありすぎて、生活のために仕方なく頑張るしかない。でもやっぱり「やめたい!」

そこで考えるのがフリーランス。果たして40代からのフリーランスはどうなんだ?!いろいろな意見があるようで、まとめてみました。

フリーランスは40代からいける?課題と選択肢を分析

40代現役のフリーランスの方の言葉をまとめ、課題と、40代だからこそ活躍できるポイントをまとめてみました。
記事、画像:appstars

40代フリーランスエンジニアが抱える課題

①新技術へのキャッチアップ難易度が上がる
40代ともなると、経験を積んだ分要領よく新しい技術を習得できるという側面があるが、その分せっかくできた余暇の時間に、家庭の事情などが増えてくるのも否めない。
②収入が不安定である
途切れることなく案件に参画できれば安定も望めますが、プロジェクトの状況次第で次の道を探さないといけない、というプレッシャーはつきもの。
③体力が低下する
生活習慣病にかかるリスクも高まってくる。老後の不安が大きくなる。目の前のことに対する気力を失ってしまことも否めない。

40代でもフリーランスエンジニアで活躍する

①最新の技術をキャッチアップし続ける
積極的に勉強会やセミナー等に参加したり、空いている時間を使って開発したり思考したり、信頼に繋げる為にはやはり前向きな姿勢が大事。
②幅広い技術を習得する
JavaやPHPを使うサーバサイドエンジニアもできて、React.jsなどフロントエンジニアとしての経験も積まれている人であれば、企業からの信頼も高まるようですが、これは40代からというよりも30代で蓄積して身に着けておきたい経験値。
③リーダーポジションを経験している
プログラマーとしての経験だけでなくプロジェクトリーダーやマネージャー経験があると、企業にとっても安心して仕事を任せられる人と思ってもらいやすくなる。
④エンジニア以外の仕事を持つ
エンジニアとして週に一定働きながら空いた時間で自らのビジネスをされている人もいる。

40代フリーランスエンジニアの選択肢

①フリーランスエンジニアとして活躍し続ける
新しい技術を習得し続けたり、幅広い領域の仕事をできるようにしておくと間違いなくエンジニアとして食いっぱぐれることはない。
②正社員になる
収入が下がるケースもあるが、フリーランスとしての様々な経験を経ることにより、特定の会社でより効率的に開発を進められるようになったり正社員に戻るということももちろん可能だ。

40代からだからこそ活躍できること

画像参照:フリーランスの道しるべ

40代でも活躍するエンジニアの特徴

①顧客との信頼関係が強固
技術力よりも何よりも信頼関係がキーとなる。最低限のことではあるが最も重要で、かつ難しいこと。また実績の積み重ねという意味で若手には成し得られない。
②マネジメント経験がある
企業や組織でマネジメントを経験している人なら、リーダーシップがあると評価され、企業内でチームの統率力が必要な案件にアサインされやすくなる。
③豊富な案件実績
フリーランスエンジニア募集案件の多くは必須条件として「〇〇の開発経験」「〇〇の導入経験」といったように、特定分野における経験を掲げている場合が多い。
④コミュニケーション力が高い
熟練したエンジニアほど周りにも気を配り、何か問題が起きていないか、手助けできることがないかに配慮する力が期待される
⑤特定スキルにずば抜けている
「これはどういう意味だろう?」「こうするにはどうすればいいのかな?」といった疑問が浮かんだ時、真っ先に相談したいと思われる人は貴重な人材になる。

参考記事:agency-starhttps

具体的に40代が目指すフリーランスとは

現役で活躍するには

①新技術のキャッチアップ
慣れた技術にあぐらをかいて新しい技術を取り込まないのは、フリーランスエンジニアに限らず技術者として致命的。技術コラムを定期的にチェックしたり、セミナー等に参加したりするのがおすすめ。
②資格の取得
絶えず案件をもらえるようにするには、自己ブランディング力が必要。資格は自分にどんな資質があるのかアピールする助けになりる。案件に合わせて資格をなるべく取得するように心がけると良い。
③様々な業界の案件に参画
様々な業界の経験を積んでおくことで、多くの案件で歓迎される人材となる。
④体力をつける
業務では座っている時間が長いので、身体がこわばったり血流が悪くなって不健康に陥りやすいので、毎日の業務時間中に散歩や軽い運動をすることを習慣化しよう。
⑤若手教育に携わる
毎年入ってくる若手に対し、培った知識を活用して丁寧に指導してくれるような人材は組織にとってかなり重要。そのようなポジションがあれば積極的に携わるようにしたり、自分から提案して講座を開いたりするのも◎

まとめ

エンジニアやデザイナーなど特殊技能はある程度の基礎知識を若いうちに身に着けていた方が強みだったりすので、40代になってから資格を取り、その道のフリーランスを目指すというのは少しハードルが高いようです。

しかし、自分で積み上げてきた分野、自信あるコンテンツを活かした仕事をフリーランスとして活かすことは、逆に経験値の低い若者には無理なことであり、強みでもあります。

組織にいた時の経験値を最大限に活かし、まず信用をつけるということが重要。また、前向きに取り組み新たな技術を身に着けることも並行して続けていけば、飛べないハードルはないでしょう。

いずれにしても、自分の器量と度量で決まると言っても過言ではないので、楽しい人生をつかみ取ることに年齢は関係なく、挑み続けましょう!!

Pocket
LINEで送る